冬は歩くスキーをエンジョイしよう

>

歩くスキーに挑戦してみよう

歩くことは有酸素運動に繋がる

体力の向上を目指している人に、歩くスキーが好まれています。
有酸素運動になるので、心肺機能が高まるというメリットが生まれます。
身体を鍛えて、健康的な身体になってください。
普通のウォーキングと異なって、雪山を歩くのが大きな特徴です。
靴では歩きにくいので、スキー板を装着して歩きます。

大自然の中を歩くので、楽しみながらウォーキングができる部分が好まれて最近人気を集めているウィンタースポーツになります。
雪山を滑るのは難しそうで、スキーをやったことがない人は自分にできないと思っているでしょう。
歩くスキーなら、誰でも簡単にできます。
慣れればスキー板を付けて自由に歩けるようになるので、たくさん練習してください。

自分のペースで歩こう

普通に歩くのとは勝手が異なるので、上手く歩けないかもしれません。
ですが歩くスキーは、自分のペース取り組むことができます。
周囲に上級者がいればペースが早いので焦ってしまうかもしれませんが、慌てないで自分のペースを守ってください。
無理に歩こうとすると、身体に負担を与えて早々に疲れます。

また雪山を歩くことは、意外とかなりの体力を消耗すると覚えておきましょう。
疲れたら、その時点で休憩してください。
こまめに休憩を挟みながら歩くスキーを楽しんでください。
無理をしながら歩いても、周囲の景色を楽しむ余裕が無くなってしまいます。
綺麗な景色を見ることも、歩くスキーの醍醐味です。
心に余裕を持って、取り組んでください。


TOPへ戻る