冬は歩くスキーをエンジョイしよう

>

歩くスキーに必要な道具の種類

細めのスキー板を使う

通常のスキー板より細くて軽いので、装着しやすいと言われています。
また軽快に動けるので、歩くのにピッタリのスキー板です。
しかし滑りやすいので、止まったり曲がったりするのには少しテクニックが必要になります。
いきなり本格的な雪山に行くと、転んでケガをするかもしれません。
最初は簡単な雪山で、歩いたり止まったりする練習をしてください。

上手く歩けるようになったら、本格的な雪山に行って歩くスキーを楽しみましょう。
ケガを怖がっている人が多いですが、転ばないようにストックを使うので大丈夫でしょう。
こちらもスキー板と同じように、通常のものより軽い素材でできています。
長さを自由に変えられるので、歩きやすい長さに調整してください。

レンタルできるゲレンデに行こう

道具を借りて歩くスキーに挑戦しようと思っている人は、きちんとレンタルできるゲレンデなのか確認してください。
普通のスキーで使用する道具を扱っているゲレンデは多いですが、歩くスキーの道具が揃えていないゲレンデが見られます。
また、手入れが行き届いている道具をレンタルできるゲレンデを探してください。

レンタル可能なゲレンデでは、歩くスキーに詳しいトレーナーがいると思います。
分からないことは、何でも聞いてください。
自分に合うサイズのスキー板がどれなのか、判断できない人もいるでしょう。
トレーナーに相談しながら決めれば、ちょうど良いサイズが見つかります。
歩くスキー専用の道具を使っていても、サイズが合っていないと危険です。


TOPへ戻る